洗顔料で洗う必要性

なぜ洗顔料で洗う必要があるの?洗顔料の効果・効用について

 

最近は水だけで顔を洗う水洗顔や顔を洗わない美容法が話題になっているので、洗顔料で洗う必要があるのか疑問に思っている方も多いようですね。

 

確かに洗顔料を使わなければ経済的にも楽ですし、洗顔の時間も短縮できるなどメリットがありますが、顔の汚れを落とすには基本的には洗顔料が必要です。

 

肌についている汚れというのは、皮脂のようにテカったり毛穴の黒ずみなど目に見えるものと、ホコリや細かいチリなど目に見えないものがあります。

 

また、単に付着しているだけではなく、皮脂と混ざって毛穴に入り込んでいるもの、pHによって吸着してしまっているものなど、汚れそれぞれにくっつき方が違います。

 

ですので水やぬるま湯などで落ちるものもあれば、それだけでは落ちないものもあります。

 

洗顔料を使わないと落とせない汚れを放っておくと、ターンオーバーが乱れて肌トラブルや老化が起こりますし、皮膚が硬くなってしまうのでスキンケアをしても成分が浸透しません。

 

肌には回復力があるから洗顔は必要ないなどという意見もありますが、回復力で汚れを落とすことはできないのです。

 

洗顔料が持つ美肌効果について

 

洗顔料の効果は、もちろん顔の汚れを落とすことです。

 

しかし、顔の汚れをきちんと落としきることは、美肌になるための基本ですので肌を美しくする効果があります。

 

皮脂が残っていると雑菌が付着したり常在菌が繁殖してしまいます。菌が繁殖すると、毛穴に炎症がにきびや吹き出物などを引き起こします。

 

また、目に見えない油分は過酸化脂質に変成します。過酸化脂質は肌を老化させてシワやたるみ、シミなどの原因となります。

 

肌トラブルや老化の原因というと、乾燥や美容成分の合成量の減少などが挙げられますが、このような状態が起こる大元の原因となるのは肌の汚れです。

 

確かに、顔を洗いすぎることでも乾燥などは引き起こされますが、汚れが残っている限りは綺麗な肌にはなりません。

 

つまり、洗顔料には肌の汚れを落としきることで美肌になるための土台を作る効果と、肌を美しくする効果もあるので、顔は洗顔料で洗う必要があるのですね。

 

洗顔料ランキング【メニュー】

なぜ洗顔料で洗う必要があるの?洗顔料の効果・効用について関連ページ

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについて
洗顔石鹸と洗顔フォームを区別するのは、固形かどうかではありません。実は成分そのものに違いがあり、いずれもメリット・デメリットを抱えています。あなたの肌状態に合わせ、成分からみた洗顔石鹸と洗顔フォームの選び方をご紹介しています。
綺麗なお肌になるために肌のターンオーバーと洗顔料について
綺麗なお肌になるために肌のターンオーバーと洗顔料について 肌細胞は常に新しいものと入れ替わるターンオーバーを繰り返していますが、この周期は早すぎても遅すぎても肌のトラブルを引き起こします。洗顔方法によっては周期を乱すことになるため、しっかり洗いつつも洗いすぎないよう、適切に洗顔料を使うことが大切です。
知っておきたい正しい洗顔方法について
肌を美しく保つために洗顔に気をつけていると思いますが、美肌のために洗顔料を使わない方も増えているようです。洗顔料を使わないために力を入れすぎてしまい、かえって悪化させてはいませんか?こちらでは、正しい洗顔方法の4ヶ条についてご紹介しています。
きめ細かい泡を作るための洗顔・洗顔料の知識
洗顔時に手で顔をこすってはいませんか?肌へのダメージを軽くするためには、きめ細かい角の立つような泡を作り、顔をこすらず洗うことが大切です。きめ細かい泡を作るための洗顔料の選び方と、泡立て方のコツについてこちらでご紹介しています。
弱酸性と弱アルカリ性どう違うの?洗顔料の選び方
洗顔料を選ぶとき、pHに注意していますか?弱酸性と弱アルカリ性のどちらが自分の肌に適しているのか理解した上で洗顔料を選ぶことが、肌トラブル軽減には大切です。にきび肌の方と乾燥肌の方では、洗顔料に求められる洗浄力も違ってくるのです。
美容成分配合の洗顔料・その効果は?
美容成分配合の洗顔料って意味があるの?と感じている方も少なくないようですが、洗顔後の気になるツッパリ感やガサガサ感などを防いでくれる効果が期待できるのです。汚れとともに大切な成分も洗い流してしまう洗顔のデメリットを解決しましょう。
一日のいつ洗顔したらいいのか?生活習慣と洗顔について
メイクでも隠し切れない毛穴の黒ずみや角質に悩んでいる方は、少なくありません。そのケアのためにあれこれ行うまえに、まずは洗顔料を見直しましょう。特に、水だけで洗顔を済ませている方は要注意なのです。
気になる毛穴の黒ずみや角栓と洗顔料
メイクでも隠し切れない毛穴の黒ずみや角質に悩んでいる方は、少なくありません。そのケアのためにあれこれ行うまえに、まずは洗顔料を見直しましょう。特に、水だけで洗顔を済ませている方は要注意なのです。
寝る前の洗顔で覚えておきたいコツは?夜の洗顔事情
お肌は睡眠時にターンオーバーが行われますが、寝る前の洗顔が正しく行われていないと、ターンオーバーも乱れてしまいます。日中に積み重なった汚れをしっかり落としつつも肌の有効成分を失わない、適切な寝る前の洗顔方法のコツをこちらでご紹介しています。
敏感肌・乾燥肌の方の洗顔料選びで知っておくべきこと
敏感肌や乾燥肌の方は、洗顔料から受ける肌への刺激が大きくなるため、洗顔料選びにはコツが求められます。中には肌への刺激を意識するあまり、洗顔料を使わない方もいるようですがこれは間違いです。刺激の少ない順石鹸の洗顔料選びのコツを紹介します。
女性は一か月に洗顔料にどのくらいの金額を使っている?こだわりポイントは?
女性が洗顔料に使っている一般的な金額についてご紹介しています。汚れを落とすための洗顔料から、美容成分を配合した高額な洗顔料までさまざまありますが、自分の肌にあわせた洗顔料選びも大きなポイントとなります。
洗顔料に入っている成分で有効成分として扱われているものは?
それぞれの洗顔料に配合されている成分は、商品の成分表から確認することができます。肌に有効な成分はおおむね決まっているので、あなたの肌に有効な成分だけでも覚えておけば、スキンケアには大変役立ちます。