ターンオーバーと洗顔料

綺麗なお肌になるために肌のターンオーバーと洗顔料について

 

綺麗なお肌になるためには、肌のターンオーバーが正常に行われる必要があります。

 

ターンオーバーは肌を生まれ変わらせる重要な機能ですが、再生のサイクルは早くても遅くても綺麗な肌にはなりません。

 

基本的な周期は20代で28日で、加齢とともに少しずつ周期が長くなっていきます。

 

このサイクルが狂って、周期が短すぎると未成熟の肌細胞が表皮に押し上げられてしまいます。

 

未成熟のままだと、保水機能も未熟なので肌のバリア機能を低下させてしまい、紫外線や外気の乾燥によるダメージに耐えられません。

 

逆に周期が長すぎると古い角質が残ってしまうため、硬くごわついて美容成分も浸透しませんし、ターンオーバーを阻害してしわやたるみ、しみなどを引き起こします。

 

このように、ターンオーバーは周期が乱れることで汚肌を作ってしまうので、綺麗なお肌になるにはターンオーバーの正常化が大事なポイントになるのです。

 

ターンオーバーが狂う原因とは

 

ターンオーバーは、肌の状態が良好じゃないと周期が乱れてしまいます。

 

肌を健康に保つには、睡眠をしっかり取ること、栄養バランスの整った食事をすることなどが生活習慣が鍵を握っています。

 

その生活習慣の一つにあるのが洗顔です。

 

洗顔は普段何気なく行っているものですが、間違った洗顔方法が原因でターンオーバーが狂ってしまうことがあります。

 

間違った洗顔方法の中でも、最近もっとも増えているのが洗顔料を使わない洗顔です。

 

洗顔料を使うと、皮脂膜の元となる皮脂を落として乾燥肌になる、角質層の保湿成分を取り除いてしまうなどネガティブな情報を目にした方もいるでしょう。

 

この情報だけを見て洗顔料を使わなくなった、という方も多いのではないでしょうか。

 

ですが、乾燥や肌トラブルというのは、単に洗顔料を使うことが原因ではなく、洗顔料を使って「洗いすぎる」ことが原因なのです。

 

洗顔料は肌の汚れをしっかり落とすために必要不可欠ですし、汚れが残った肌は環境が悪化してターンオーバーを乱してしまうのです。

 

ですので、ターンオーバーを正常化して綺麗な肌になるためには、洗顔料での洗顔が必須なのです。

 

洗顔料ランキング【メニュー】

綺麗なお肌になるために肌のターンオーバーと洗顔料について関連ページ

なぜ洗顔料で洗う必要があるの?洗顔料の効果・効用について
洗顔料を使わない美容法が話題にもなっており、洗顔はそもそも不要と考えている方も増えているようですが、実は美肌効果を得るために大切なことなのです。洗顔により皮脂やチリ、吸着汚れを落とすことの重要性と、その効果についてご紹介しています。
洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについて
洗顔石鹸と洗顔フォームを区別するのは、固形かどうかではありません。実は成分そのものに違いがあり、いずれもメリット・デメリットを抱えています。あなたの肌状態に合わせ、成分からみた洗顔石鹸と洗顔フォームの選び方をご紹介しています。
知っておきたい正しい洗顔方法について
肌を美しく保つために洗顔に気をつけていると思いますが、美肌のために洗顔料を使わない方も増えているようです。洗顔料を使わないために力を入れすぎてしまい、かえって悪化させてはいませんか?こちらでは、正しい洗顔方法の4ヶ条についてご紹介しています。
きめ細かい泡を作るための洗顔・洗顔料の知識
洗顔時に手で顔をこすってはいませんか?肌へのダメージを軽くするためには、きめ細かい角の立つような泡を作り、顔をこすらず洗うことが大切です。きめ細かい泡を作るための洗顔料の選び方と、泡立て方のコツについてこちらでご紹介しています。
弱酸性と弱アルカリ性どう違うの?洗顔料の選び方
洗顔料を選ぶとき、pHに注意していますか?弱酸性と弱アルカリ性のどちらが自分の肌に適しているのか理解した上で洗顔料を選ぶことが、肌トラブル軽減には大切です。にきび肌の方と乾燥肌の方では、洗顔料に求められる洗浄力も違ってくるのです。
美容成分配合の洗顔料・その効果は?
美容成分配合の洗顔料って意味があるの?と感じている方も少なくないようですが、洗顔後の気になるツッパリ感やガサガサ感などを防いでくれる効果が期待できるのです。汚れとともに大切な成分も洗い流してしまう洗顔のデメリットを解決しましょう。
一日のいつ洗顔したらいいのか?生活習慣と洗顔について
メイクでも隠し切れない毛穴の黒ずみや角質に悩んでいる方は、少なくありません。そのケアのためにあれこれ行うまえに、まずは洗顔料を見直しましょう。特に、水だけで洗顔を済ませている方は要注意なのです。
気になる毛穴の黒ずみや角栓と洗顔料
メイクでも隠し切れない毛穴の黒ずみや角質に悩んでいる方は、少なくありません。そのケアのためにあれこれ行うまえに、まずは洗顔料を見直しましょう。特に、水だけで洗顔を済ませている方は要注意なのです。
寝る前の洗顔で覚えておきたいコツは?夜の洗顔事情
お肌は睡眠時にターンオーバーが行われますが、寝る前の洗顔が正しく行われていないと、ターンオーバーも乱れてしまいます。日中に積み重なった汚れをしっかり落としつつも肌の有効成分を失わない、適切な寝る前の洗顔方法のコツをこちらでご紹介しています。
敏感肌・乾燥肌の方の洗顔料選びで知っておくべきこと
敏感肌や乾燥肌の方は、洗顔料から受ける肌への刺激が大きくなるため、洗顔料選びにはコツが求められます。中には肌への刺激を意識するあまり、洗顔料を使わない方もいるようですがこれは間違いです。刺激の少ない順石鹸の洗顔料選びのコツを紹介します。
女性は一か月に洗顔料にどのくらいの金額を使っている?こだわりポイントは?
女性が洗顔料に使っている一般的な金額についてご紹介しています。汚れを落とすための洗顔料から、美容成分を配合した高額な洗顔料までさまざまありますが、自分の肌にあわせた洗顔料選びも大きなポイントとなります。
洗顔料に入っている成分で有効成分として扱われているものは?
それぞれの洗顔料に配合されている成分は、商品の成分表から確認することができます。肌に有効な成分はおおむね決まっているので、あなたの肌に有効な成分だけでも覚えておけば、スキンケアには大変役立ちます。