洗顔料で知っておきたい事

洗顔料で知っておきたい事記事一覧

最近は水だけで顔を洗う水洗顔や顔を洗わない美容法が話題になっているので、洗顔料で洗う必要があるのか疑問に思っている方も多いようですね。確かに洗顔料を使わなければ経済的にも楽ですし、洗顔の時間も短縮できるなどメリットがありますが、顔の汚れを落とすには基本的には洗顔料が必要です。肌についている汚れというのは、皮脂のようにテカったり毛穴の黒ずみなど目に見えるものと、ホコリや細かいチリなど目に見えないもの...

洗顔料は大きく分けると、洗顔石鹸と洗顔フォームの2種類がありますが、これらの違いをはっきり知っている方は少ないのではないでしょうか。基礎化粧品は、自分の肌をじっくり解析してそれに合ったものを選ぶのに、洗顔料はそこまでこだわっていないという方も多いようです。確かに汚れをきちんと落とすという点ではどちらも同じですが、洗浄成分や洗浄力、製法や添加物などあらゆる違いがあります。ですので、洗顔料も肌の状態に...

綺麗なお肌になるためには、肌のターンオーバーが正常に行われる必要があります。ターンオーバーは肌を生まれ変わらせる重要な機能ですが、再生のサイクルは早くても遅くても綺麗な肌にはなりません。基本的な周期は20代で28日で、加齢とともに少しずつ周期が長くなっていきます。このサイクルが狂って、周期が短すぎると未成熟の肌細胞が表皮に押し上げられてしまいます。未成熟のままだと、保水機能も未熟なので肌のバリア機...

正しい洗顔方法は、美しい肌になるための土台を作る重要なケアなので、しっかりマスターしておく必要があります。正しい洗顔というと、刺激を与えないようにすること、乾燥させないようにすることが大事と思っている方もおいのではないでしょうか。確かにダメージを与えたり乾燥を引き起こすような洗顔はNGですが、そのせいで汚れを落としきれていない洗顔をしてしまうことがあります。どんなに丁寧にスキンケアをしていても、新...

洗顔料の使い方でもっとも重要なのは、きめ細かい泡を作ることです。紫外線やメイクなど肌への刺激はいろいろありますが、顔を洗うことでも刺激を与えてしまいます。特に大きな負担となるのは、手のひらや指と肌の間に生まれる摩擦なので、洗顔の時はきめ細かい泡を作る必要があるのです。きめ細かい泡を作るポイントきめ細かいといっても、どれぐらい細かいのが良いか分からないという方もいるかもしれませんね。イメージとしては...

洗顔料に弱酸性と弱アルカリ性のものがありますが、どのような違いがあるのでしょうか。弱酸性と弱アルカリ性は汚れの落ち方に違いがあります。洗浄成分はアルカリに傾くほど汚れがしっかり落ちるので、簡単に言うと弱酸性は落とす力が弱く、弱アルカリ性は落とす力が強いのです。洗顔料の宣伝などでは「弱酸性は肌に優しい」というキャッチコピーが多いので、弱酸性の方が良いと思っている方も多いでしょう。ですが、肌の状態によ...

最近よく見かけるようになったのが、美容成分配合の洗顔料です。洗顔料は汚れを落とすことが目的で使いますが、製品によっては洗浄力が強すぎて肌に刺激を与えてしまうことがあります。また、使いすぎたり、肌があまり汚れていないのに使ったりすると、肌のバリア機能を低下させて乾燥や敏感肌を引き起こします。肌の乾燥やトラブルは気になるけど、洗顔料を使わないと肌が綺麗にならない、そんな悩みを解決するために開発されたの...

一日のいつ洗顔したらいいのかというのは、生活習慣によって変わります。一般的には朝と夜に洗顔をしますが、朝や夜と一口に言っても、人それぞれに時間帯は異なるものです。朝起きてすぐという方もいれば、朝の作業がすべて終わってからゆっくり洗顔をする方もいるでしょう。夜も、帰宅したら最初にクレンジングと洗顔をする人もいますし、夜寝る前やお風呂に入った時にするという方もいます。このように、洗顔のタイミングは人に...

毛穴の黒ずみや角栓は、メイクをしても時間が経つと目立ってくるので気になるものですよね。黒ずみや角栓をケアする場合、ピーリングや毛穴パックなどを使うことが多いですが、その前に洗顔を見直してみてください。毛穴トラブルの原因はいろいろありますが、一番大きく関わっているのは洗顔なのです。もちろん、皮脂の分泌量が多かったり、紫外線などのダメージも毛穴トラブルを引き起こしますが、洗顔が上手にできていないことが...

寝る前の洗顔は、美しく健康な肌になるためにとても重要な働きをしてくれます。お肌というのは、スキンケアで美しくなるのではなく、寝ている間に肌細胞の修復が行われて再生されることで美しくなります。スキンケアももちろん大事ですが、外側からのケアはあくまでも表面に働きかけてダメージを軽減する効果がメインです。肌のハリや弾力、キメの細やかさは肌細胞が健康であることが基本であり、そのために必要なのが睡眠です。そ...

敏感肌や乾燥肌など、ダメージを受けやすい肌質の方は洗顔料選びにも気を使いますね。普通の肌なら洗顔料でトラブルになることはほとんどありませんが、敏感肌や乾燥肌の場合は、洗浄成分の刺激で肌トラブルが起きてしまうことがあります。そのため洗顔料はできるだけ使わないという方もいるかもしれません。ですが、敏感肌や乾燥肌であっても汚れはついていますし、ターンオーバーが乱れているので、古い角質も溜まりやすい肌環境...

女性が一か月に洗顔料にかける金額はどのくらいなのか、どんなことにこだわっているのか、やっぱり気になりますよね。美容に対しての意識や価値観は人それぞれなので、例えば5000円の洗顔料でも高いとも安いとも言えません。洗顔料に配合されている成分にとことんこだわっている女性からすれば、洗顔料に5000円使うのは当たり前という感覚です。しかし、洗顔料はどうせ洗い流すもの、汚れが落ちればそれで良いという女性に...

洗顔料に入っている成分は、洗顔料が持っている働きによって異なります。洗顔料には、ニキビ専用や乾燥肌用、敏感肌用、オイリー肌用など肌のタイプによって配合されている有効成分が異なるものがあります。ですが働きが異なるとしても、基本的に有効成分となるのは決まった成分です。自分の肌のタイプに合った有効成分が入っている洗顔料を使うと、スキンケアの効果も高まるので、有効成分として扱われているものをしっかり覚えて...