洗顔料 ランキング

洗顔料のランキングを紹介

 

洗顔はスキンケアで非常に重要なポイントです。

 

その為、自分の肌の状態に合った洗顔料を選ぶことがとても大事になります。

 

洗顔料が肌に合わないと、肌にダメージを与えたり、余計に肌トラブルを増幅させてしまいかねません。

 

まずは自分の肌質を診断してみよう

 

肌質の診断方法にはいろいろな種類がありますが、最も簡単で精度の高い診断方法としてオススメなのは洗顔後お肌の様子を確認する方法です。

 

洗顔をしてから保湿せず放置し、肌のツッパリが治まるまでの時間やその時の肌の状態をチェックして肌質を診断します。

 

<普通肌>…30分程度

ノーマル肌とも呼ばれるこの肌質は、肌質の中でも一番理想的なタイプ。脂分と水分のバランスもよく、肌トラブルの少ない肌ですが、生活習慣の乱れや保湿などの基本的なスキンケアを怠ると、肌の乾燥をまねいてしまうことも。”

 

<脂性肌・ニキビ肌>…20分以内

全体的に顔が脂性で、おでこや鼻の部分は特にテカリやすいお肌の方。皮脂が過剰に分泌されていて、ニキビなどの肌トラブルを招きます。ギトギト肌やオイリー肌とも呼ばれます。

 

<乾燥肌・敏感肌>…40分以上

肌の水分量が少なく、肌がカサカサしたり、お風呂あがりに粉をふいたり、肌のうるおいがない状態。皮脂の分泌量が少ない、肌の水分が蒸発しやすいという特徴があり、外部からの菌や刺激に弱い状態です。

 

<混合肌>…顔の部分によって時間が変わる

乾燥していたり、脂性だったり、顔の部分によって肌質が違うというタイプ。おでこと鼻のTゾーンは脂性だけど頬は乾燥しがちな方や季節によって肌質が変わるなど、実は日本人に一番多い肌質と言われています。

 

引用元:http://www.skincare-univ.com/article/000694/

 

本サイトでは肌のお悩み別に分けて洗顔料をランキング形式で紹介しています。

 

 

ネットで人気の商品を中心に紹介しています。

 

 

洗顔料ランキング

 

 

普通肌向け洗顔料ランキング

火山灰を使ったTVでも有名な洗顔料。毛穴より小さい「超微細シリカパウダー」を含んだ泡で、毛穴お奥の汚れまでしっかり吸着してくれます。天然ミネラルたっぷりだから肌にやさしく洗い上がりもしっとり、つっぱりません。

 

 

ヴァージンココナッツオイルを使った洗顔料。生クリームのような泡が10秒で完成です。ヴァージンココナッツオイルはTVなどでも話題の素材です。高級な原料を贅沢に使っています。

 

 

沖縄産のマリンシルト(海泥)を使った洗顔料。非常に細かい粒子状の成分が毛穴の汚れをスッキリ落としてくれます。

 

 

 


毛穴ケア向け洗顔料ランキング

火山灰を使ったTVでも有名な洗顔料。毛穴より小さい「超微細シリカパウダー」を含んだ泡で、毛穴お奥の汚れまでしっかり吸着してくれます。天然ミネラルたっぷりだから肌にやさしく洗い上がりもしっとり、つっぱりません。

 

 

沖縄の海泥「マリンシルト」の超微粒子が毛穴の奥まで入り込んでしっかりと汚れを落としてくれませす。もう一つのポイントは泡です。美容成分がたっぷりのふわふわ泡が、毛穴の汚れをスポイドのように吸着すると同時にきゅっと引き締めてくれます。

 

 

 

ヴァージンココナッツオイルを使った洗顔料。とてもキメの細かい泡が特徴。この泡が毛穴の中までさっぱり汚れを落としてくれます。

 

 

 

 


ニキビケア向け洗顔料ランキング

ニキビ専用の洗顔料。ニキビでお悩みの方の意見を集約して作られている専用の洗顔料です。7万件以上の相談を分析して日本人の肌に合うように開発しました。

 

 

 

簡単1ステップでニキビ予防。洗顔、保湿、トリートメントがコレ一本でOKです。
ファースト クラッシュはニキビや毛穴の詰まりの原因となる余分な皮脂や古い角質などの汚れをしっかり洗浄できます。 

 

 

 

沖縄の海泥「マリンシルト」の超微粒子が毛穴の奥まで入り込んでしっかりと汚れを落としてくれませす。もう一つのポイントは泡です。美容成分がたっぷりのふわふわ泡が、毛穴の汚れをスポイドのように吸着すると同時にきゅっと引き締めてくれます。

 

 

 

 


敏感肌向けランキング

超乾燥肌や敏感肌やアトピーの方向けに開発された洗顔料。沖縄産天然もずくの高分子フコイダンを配合。今までどんな洗顔料でもダメだった方にも試してほしい洗顔料です。

 

 

 

ヴァージンココナッツオイルを使った洗顔料。VCOに含まれるラウリン酸は、人の肌に近い成分なので洗い落としすぎないのが特徴です。その為、肌本来持つバリア機能を壊しません。

 

 

火山灰を使ったTVでも有名な洗顔料。毛穴より小さい「超微細シリカパウダー」を含んだ泡で、毛穴お奥の汚れまでしっかり吸着してくれます。天然ミネラルたっぷりだから肌にやさしく洗い上がりもしっとり、つっぱりません。

 

 

 


エイジングケア向けランキング

火山灰を使ったTVでも有名な洗顔料。毛穴より小さい「超微細シリカパウダー」を含んだ泡で、毛穴お奥の汚れまでしっかり吸着してくれます。天然ミネラルたっぷりだから肌にやさしく洗い上がりもしっとり、つっぱりません。

 

 

ヴァージンココナッツオイルを使った洗顔料。VCOに含まれるラウリン酸は、人の肌に近い成分なので洗い落としすぎないのが特徴です。その為、肌本来持つバリア機能を壊しません。

 

 

 

エレクトーレの洗顔は、フェイスソープとフェイストリートメントの2本立てになっています。ソープで汚れを落とした後、フェイストリートメントを付け10秒後に洗い流すだけです。新しい発酵のケアで潤いがかなりアップします。

 

 

 

 

 

 

※ランキングは個人の感想に基づいてます。

 

普通肌の洗顔料の選び方

 

普通肌はこれといったトラブルもないので、洗顔料選びもあまり神経質にならなくていいでしょう。

 

 

しかし、今の肌質を保ち続けていくために、しっかりと肌の健康を守れる洗顔料を選ぶ必要があります。

 

洗顔料の選び方のポイント
シーズンに合わせて変えてみるのもOK

「乾燥肌とまではいかないが、冬場はやはり少し乾燥が気になる…。」といったようにシーズンごとに気になる部分がある場合は、シーズンに合わせて洗顔料を変えてみても良いでしょう。

 

夏はさっぱりとした洗い心地のものを、冬は保湿力のあるしっとりタイプを選ぶのが基本です。

 

美白効果のある洗顔料もオススメ

普通肌さんは他の肌質の人よりも選べる洗顔料の幅が広がります。そのため、「美白」などのケアにも目を向けてみるといいでしょう。

 

今話題の酵素洗顔やピーリング洗顔は美白効果が高い洗顔料です。

 

あまり頻繁に洗顔料の種類をを変えるのはよくありませんが、普通肌ならトラブルが少ないので新しいものを試してみるのもよいでしょう。

 

普通肌の正しい洗顔方法
  1. たっぷり泡立てて、肌に指が触れないように優しく洗う
  2. 皮脂が気になる部分や、皮脂が気になる季節の場合は少し長めに洗う
  3. ぬるま湯でしっかりすすぐ。20回以上はすすいでキレイに洗顔料を落としましょう。
 

脂性肌(ニキビ肌)の洗顔料の選び方

 

皮脂の分泌量が多く、テカりや肌のざらつき・毛穴が目立ってしまうといったトラブルが起きやすく、毛穴に詰まった皮脂が原因となってニキビが出来やすい肌質です。

 

 

脂性肌の洗顔料の選び方で重要なのは「毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除き、肌トラブルの原因を解消させる」ことができるかどうかです。

 

洗顔料の選び方のポイント
泥の力で洗うクレイ洗顔で皮脂をしっかり落とそう

 

クレイ洗顔とは、ミネラルを豊富に含んだ粉状の泥のことです。この泥は汚れや皮脂に吸着して浮かせて落とす効果があります。

 

毛穴に詰まった汚れをしっかり落とすことができますし、天然の成分なので肌への負担を最小限に抑えることができます。

 

クレイ洗顔に配合されている泥はいくつか種類があります。クレイの種類によって効果が違うのでどんなクレイが配合されているのかもチェックしておくといいでしょう。

 

脂性肌に適した3つのクレイ

  • ガスール モロッコで取れるクレイで高い洗浄力と保湿力が特徴
  • クチャ 沖縄で取れるクレイでカルシウムやミネラルが豊富
  • カオリン 中国で取れるクレイで汚れへの吸着力が高く美白効果もある

 

ピーリング効果のある洗顔料もオススメ

なかなか取れない汚れには、ピーリング効果のある洗顔料がおすすめです。

 

落ちづらい古い角質や頑固な皮脂汚れをしっかり落としてくれる作用が期待できます。

 

特に人気が高いのはAHAというピーリング成分が配合されている洗顔料です。古い角質をしっかり取り除いて脂性肌に多い「肌のざらつき」「毛穴の黒ずみ」といった悩みを解消してくれます。

 

人によっては毎日使うと肌が荒れてしまう場合もあるのでまずは週に2~3回程度の頻度で様子を見ながら使うようにしましょう。

 

脂性肌の正しい洗顔方法
  1. 蒸しタオルで30秒ほど顔を温めるか、温度の高い半身浴で顔を温めて毛穴を広げてから洗顔しましょう。脂性肌は毛穴の奥に汚れが詰まりがちです。しっかりと毛穴を広げてからでなければ詰まった汚れは落ちません。
  2. 毛穴が広がったらすぐに洗顔をします。指が肌に触れないように気を付けながら優しく洗います。特にテカりなどが気になる鼻・おでこ・アゴは重点的に洗いましょう。
  3. ぬるま湯で流します。水で洗い流すと毛穴がその瞬間に閉まってしまい、せっかく浮かした汚れが落ちなくなってしまいます。

 

蒸しタオルの作り方

水に濡らしたタオルをしっかり絞り、500Wのレンジで1分加熱します。直接レンジにタオルを載せるのがイヤな場合は、ラップでくるむかジップロックなどに入れるといいでしょう。

 

乾燥肌の洗顔料の選び方

 

乾燥肌の場合は、洗顔で肌に必要なものまで落としてしまっていることがあるので注意が必要です。

 

 

皮脂は分泌しすぎると肌トラブルの原因となってしまいますが、本来は「天然の保湿成分」と言われており、肌に必要なものです。

 

洗い流し過ぎると乾燥の原因になるので注意しましょう。

 

洗顔料の選び方のポイント
保湿成分が配合されているかどうかをチェック

メインの保湿は化粧水で行えばいいので基本的に洗顔料に保湿成分は必要ありません。

 

しかし、洗った後の乾燥やツッパリが気になる方は保湿成分が含まれている洗顔料を使うといいでしょう。

 

特に重要な保湿成分である「セラミド」や、植物由来の保湿成分が配合された洗顔料なら適度に肌を保湿することが可能です。

 

植物由来の代表的な保湿成分

  • ユーカリエキス セラミドの生成を促進し、水分量をアップさせる
  • へちまエキス 保湿作用の他に、肌を引き締める「収れん作用」がある
  • アロエベラエキス 肌荒れを防ぐ消炎効果もある

 

合成界面活性剤が配合されていないものを選ぼう

合成界面活性剤は、洗顔料の洗浄力を高める役割を持った成分です。

 

肌への刺激が少ない合成界面活性剤もありますが、高い洗浄力がある分、肌に必要なものも落としてしまう恐れがあるため乾燥肌の場合は避けておいた方が良い成分です。

 

固形の洗顔石鹸は合成界面活性剤が含まれていません。

 

洗顔フォームの中にも「合成界面活性剤フリー」になっているものがあるのでチェックしておきましょう。

 

乾燥肌の正しい洗顔方法
  • 泡立てネットなどでしっかり泡立て、濃密な泡を作ります。クッション性の高い泡で洗うと肌への負担が防げます。
  • 乾燥肌は刺激にも弱い肌質なので、絶対にこすらないよう泡の力だけで優しく洗いましょう。
  • すすぎはしっかりと、ぬるま湯で行いましょう。
  • 乾燥を防ぐために洗顔後はすぐに化粧水で保湿するよう心がけましょう。
 

混合肌の洗顔料の選び方

 

混合肌は色々な特徴が複数組み合わさっているため、スキンケア方法が難しい肌質です。

 

 

今回は一番多い「脂性肌と乾燥肌」の混合肌について考えてみましょう。

 

どちらの特徴も持っている肌質ですが、基本的にはどちらとも保湿が大切なので「乾燥肌」と同じ選び方でOKです。

 

脂性肌になっている部分は少し長めに洗うようにするといいでしょう。

 

洗顔料の選び方のポイント
保湿力を重視して洗顔料を選ぼう

保湿力を保ったまま洗顔をしたいので、洗浄力が強すぎるものは避けましょう。

 

出来れば保湿成分が配合されている「保湿重視」の洗顔料を選ぶように心がけましょう。

 

乾燥肌の洗顔料の選び方と同様にセラミドや植物由来の保湿成分が配合されたものがオススメです。

 

刺激の弱い洗顔料を選ぼう

混合肌になっている原因の1つとして「洗いすぎ」が挙げられます。

 

これを防ぐには刺激の弱い洗顔料で優しく洗うことがポイントになります。

 

ミルク・クリーム・ジェルタイプなどの洗顔料でマイルドな洗い上がりになるものや、添加物が含まれていない低刺激のものを選ぶようにしましょう。

 

混合肌の正しい洗顔方法
  1. 洗顔料を泡立て、テカリが気になる部分から泡を載せます。
  2. テカリが気になる部分は肌に指が触れないよう、泡と肌をこすらせるようにして洗います。
  3. 乾燥が気になる部分には泡をのせるだけ。こすらず泡パックするような形でおいておきましょう。
  4. すべての部分が洗い終わったらぬるま湯でしっかりすすぎます。すすぐときはテカリが気になる部分は特に重点的に洗い流すといいでしょう。
 

敏感肌の洗顔料の選び方

 

刺激に弱く、肌荒れしやすい敏感肌の洗顔では刺激をできるだけ減らすことが必要です。

 

 

洗顔料の選び方のポイント
無添加洗顔で肌への刺激を抑える

添加物は保存期間を長くしたりと良い作用もあります。しかし敏感肌にとって添加物は肌への刺激を増やしてしまう要らない成分になってしまうのです。

 

近年はすべてオーガニック成分で作ったモノなど、添加物が含まれていない洗顔料が増えています。

 

特にアルコールは肌が荒れる大きな原因の1つとなるので注意しましょう。

 

購入の際は「無添加」や「ノンアルコール」と書かれているものを優先的に選びましょう。

 

敏感肌用の洗顔料をチェックしておこう

「敏感肌用」として作られている洗顔料も少なくはありません。

 

とことん低刺激にこだわって作られているため、敏感肌用の洗顔料なら肌に合う可能性も高いでしょう。

 

無添加やノンアルコールなどの刺激の弱いものを選び、それでもだめだった場合は敏感肌用のものを試してみるといいでしょう。

 

敏感肌の正しい洗顔方法
  1. 洗顔料をしっかり泡立てる
  2. 肌に指が触れないように優しくなでるように洗う
  3. 2分以内には洗顔を終わらせたいので、スムーズに顔全体を洗う
  4. ぬるま湯で優しく流す。流す時もできるだけ手が肌に触れたりこすったりしないように気を付ける。
 

洗顔料で知っておきたい事

 
なぜ洗顔料で洗う必要があるの?洗顔料の効果・効用について

最近は水だけで顔を洗う水洗顔や顔を洗わない美容法が話題になっているので、洗顔料で洗う必要があるのか疑問に思っている方も多いようですね。確かに洗顔料を使わなければ経済的にも楽ですし、洗顔の時間も短縮できるなどメリットがありますが、顔の汚れを落とすには基本的には洗顔料が必要です。

 

綺麗なお肌になるために肌のターンオーバーと洗顔料について

綺麗なお肌になるためには、肌のターンオーバーが正常に行われる必要があります。ターンオーバーは肌を生まれ変わらせる重要な機能ですが、再生のサイクルは早くても遅くても綺麗な肌にはなりません。 基本的な周期は20代で28日で、加齢とともに少しずつ周期が長くなっていきます。このサイクルが狂って、周期が短すぎると未成熟の肌細胞が表皮に押し上げられてしまいます。

 

知っておきたい正しい洗顔方法について

正しい洗顔方法は、美しい肌になるための土台を作る重要なケアなので、しっかりマスターしておく必要があります。正しい洗顔というと、刺激を与えないようにすること、乾燥させないようにすることが大事と思っている方もおいのではないでしょうか。 確かにダメージを与えたり乾燥を引き起こすような洗顔はNGですが、そのせいで汚れを落としきれていない洗顔をしてしまうことがあります。

 

きめ細かい泡を作るための洗顔・洗顔料の知識

洗顔料の使い方でもっとも重要なのは、きめ細かい泡を作ることです。紫外線やメイクなど肌への刺激はいろいろありますが、顔を洗うことでも刺激を与えてしまいます。特に大きな負担となるのは、手のひらや指と肌の間に生まれる摩擦なので、洗顔の時はきめ細かい泡を作る必要があるのです。

 

弱酸性と弱アルカリ性どう違うの?

洗顔料に弱酸性と弱アルカリ性のものがありますが、どのような違いがあるのでしょうか。弱酸性と弱アルカリ性は汚れの落ち方に違いがあります。洗浄成分はアルカリに傾くほど汚れがしっかり落ちるので、簡単に言うと弱酸性は落とす力が弱く、弱アルカリ性は落とす力が強いのです。

 

美容成分配合の洗顔料・その効果は?

最近よく見かけるようになったのが、美容成分配合の洗顔料です。洗顔料は汚れを落とすことが目的で使いますが、製品によっては洗浄力が強すぎて肌に刺激を与えてしまうことがあります。また、使いすぎたり、肌があまり汚れていないのに使ったりすると、肌のバリア機能を低下させて乾燥や敏感肌を引き起こします。

 

洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについて

洗顔石鹸と洗顔フォームを区別するのは、固形かどうかではありません。実は成分そのものに違いがあり、いずれもメリット・デメリットを抱えています。あなたの肌状態に合わせ、成分からみた洗顔石鹸と洗顔フォームの選び方をご紹介しています。

 

洗顔とお水の温度についての正しい知識

洗顔に気をつけている方の多くは洗顔料に注目しているものであり、水の温度は意外と盲点となっているようです。冷たい水で肌を引き締める、温かいお湯で毛穴を開かせる、などはいずれも間違いなのです。適切な温度で洗顔によるダメージを減らしましょう。

 

一日のいつ洗顔したらいいのか?生活習慣と洗顔について

洗顔を行うタイミングを意識したことはありますか?多くの場合は生活の都合にあわせて洗顔されていると思われますが、朝の洗顔を遅らせたり、帰宅してすぐに夜の洗顔を行うことで、肌トラブルを改善できる場合もあります。

 

気になる毛穴の黒ずみや角栓と洗顔料

メイクでも隠し切れない毛穴の黒ずみや角質に悩んでいる方は、少なくありません。そのケアのためにあれこれ行うまえに、まずは洗顔料を見直しましょう。特に、水だけで洗顔を済ませている方は要注意なのです。

 

寝る前の洗顔で覚えておきたいコツは?夜の洗顔事情

お肌は睡眠時にターンオーバーが行われますが、寝る前の洗顔が正しく行われていないと、ターンオーバーも乱れてしまいます。日中に積み重なった汚れをしっかり落としつつも肌の有効成分を失わない、適切な寝る前の洗顔方法のコツをこちらでご紹介しています。

 

敏感肌・乾燥肌の方の洗顔料選びで知っておくべきこと

敏感肌や乾燥肌の方は、洗顔料から受ける肌への刺激が大きくなるため、洗顔料選びにはコツが求められます。中には肌への刺激を意識するあまり、洗顔料を使わない方もいるようですがこれは間違いです。刺激の少ない順石鹸の洗顔料選びのコツを紹介します。

 

女性は一か月に洗顔料にどのくらいの金額を使っている?こだわりポイントは?

女性が洗顔料に使っている一般的な金額についてご紹介しています。汚れを落とすための洗顔料から、美容成分を配合した高額な洗顔料までさまざまありますが、自分の肌にあわせた洗顔料選びも大きなポイントとなります。

 

洗顔料に入っている成分で有効成分として扱われているものは?

それぞれの洗顔料に配合されている成分は、商品の成分表から確認することができます。肌に有効な成分はおおむね決まっているので、あなたの肌に有効な成分だけでも覚えておけば、スキンケアには大変役立ちます。